栃木の食、シンガポールへ

栃木の食、シンガポールへ

東南アジア最大の日本食の祭典「Oishii Japan」。
2014年10月16日〜10月18日の3日間にわたり実施されました。
民間企業の連合体の参加も目立つ中、各自治体が中心となって、地域特産物を売り込む姿勢が目立ちました。
弊社代表の増渕の出身地である、栃木県も参加しました。
日本酒や地ビール、和牛などの特産物を直接会場に持ち込みました。
福田栃木県知事も自ら参加し、各種サンプリングや商談などを行っていました。

 

地方創世のエースカードはアウトバウンドにある

売り込む商品が何であれ、トップが精力的に動くのは、対アジア諸国アウトバウンド事業の更なる本格化を物語っていると言えます。
ドメスティックビジネスの行く先を求めて率先して開拓者となります。
考えてみれば当たり前の話だが、当たり前にできていない自治体も多いと思います。

地方創世のエースカードは、アジアアウトバウンドにあります。
特に拡大し続けるアジアマーケットへの参入は、自治体としては待ったなしの状況となっていくでしょう。
このマーケットエントリーを見逃すことは、そのままシュリンクモデルを意味します。
そのような時代はもう始まった未来と言っても過言ではありません。

 

お問い合わせ

地方創生コンサルティングに関するお問い合わせは、下記お問い合わせページよりお願いいたします。

お問い合わせはこちら

関連記事

おすすめ記事

  1. 概要 政府が訪日外国人観光客を2020年に4,000万人、2030年に6,000万人にする目標を掲…
  2. 重要なのはターゲットを絞り適切な戦略を立てること 政府が重要課題のひとつとしている「地域活性化」。…
  3. 地方創生プロジェクトや地域活性化プロジェクトと連携するクラウドファンディングFAAVO(faavo.…
ページ上部へ戻る